みなさん、こんにちは。バイオハザードRE:2にはまっている蔵谷です。先日デブサミ2019に参加してきたので、レポートを書きます。

横田deGo

今回受けたセッションの中で一番おもしろかったです。アメリカで話題のAmazon Goですが、これを真似て100万円以下で作ってしまったというもの。 最近IoTの勉強をしているので、サービス構成図が勉強になりました。影響を小さくするために各サービスを独立させているそうで、なるほどと思いました。 横田社長の言葉で印象に残っているものとして、
  • 幾ら失敗してもいい、最悪出さなくてもいい、なので思いっきりやってくれ
  • ちゃんと設計しましょう、って言ったらお前ら負けだからな。それは本当にスケールするときで良いよ、 まずは1店舗、第1歩目を出すときには、もう何でもいい、雑でもいいから体験を実現しよう
  • エンジニアとしてベターだと思った落とし所が体験としては最悪
どのようなサービスでもユーザー目線で考えることが大事だし、とにかく全力で挑戦するという姿勢が大事だということを学びました。 Developpers.IO Cafeでレジレス体験できるそうなので、興味ある方は行ってみるといいかもしれません。 本家記事です。

Alexaスキルで収益化

Alexaスキルの収益化モデルとして以下があるそうです。
  • Amazon Pay
    • リピート購入向き(出前館やメガネスーパーで利用されている)
  • スキル内課金(日本未提供)
    • 買い切り型
    • サブスクリプション型
    • 消費型
収益を上げるためには、音声が圧倒的な有利なユースケースを考えることと繰り返し使ってもらえることが必要と言っていました。 あと、スキル内課金のベストプラティクスとして、以下のことを挙げていました。
  • 無料枠 + プレミアム枠を設ける
  • 購入を問いかけるタイミングが重要
  • 何回も購入を問いかけるのはNG
  • ヘルプで購入済みのアイテム状況を伝える

CI/CDについて

うちのサービス、スピード重視で開発していたせいでテストコード作っていないことが多いので聞いてきました。 テストコードが無い場合、順番は以下のようにして無理せずに徐々にやることが大事らしいです。
  1. CI/CDツールを決める。
  2. テスト以外のタスクを自動化してしまう。(構文チェックやカバレッジ計測、ドキュメント生成等)
  3. CI結果を可視化する。(ダッシュボードやステータスバッジ、slackへの通知)
  4. マージブロック設定をする。
  5. ビジネスロジックのテストコードを実装する。
  6. その他のテストコードを実装する。
あと、CI/CDを導入することで以下のメリットがあるそうです。
  • 迅速なロールバック
  • 本番でのテスト(カナリアリリース、ブルー・グリーンデプロイ)
リリース完了したら、徐々に仕組み作りしていきたいですね。

その他

今回は個人スポンサーとして参加してきました。特典としては、
  1. 並ばないで入場でき、テーブル+電源席に座ることができる。
  2. 専用Wi-Fiが使える。
  3. 翔泳社の本が30%引きで購入することができる。
  4. スピーカー控室に入って、くつろぐことができる。
並ばなくてもいいというのが個人的にメリットを感じているので、来年も個人スポンサーで参加すると思います。 とりあえず、金の力半端ないw